医療法人葵鐘会フラワーベルクリニック

妊娠線クリームおすすめ8選ランキング【2024年6月版】最強はどれ?

妊娠線クリームおすすめ7選ランキング【2024年4月版】最強はどれ?

「妊娠線予防クリームはどれがいいの?」「最強の妊娠線予防クリームは?」と悩んでいませんか。

赤ちゃんが大きくなるお腹を見て嬉しい気持ちになりますが、身体の変化もたくさんありますよね。妊娠線を予防するためには、早期からの保湿ケアが重要です。

プレママフラワー編集部では、おすすめの妊娠線予防クリーム8選を紹介していきます。

妊娠線予防クリームおすすめ8選

初回68%割引の1,980円で購入できる!

目次

最強の妊娠線予防クリームをおすすめ8選から選ぼう

プレママフラワー編集部がおすすめする最強の妊娠線予防クリームは、全部で8つです。

妊娠線予防クリームおすすめ8選

妊娠線予防クリームおすすめ①:BELTA(ベルタ)マザークリーム

公式サイト
商品名ベルタマザークリーム
内容量120g
金額7,678円初回限定1,980円(税抜)
2回目以降:5,478円
原材料水、BG、スクワラン、ミリスチルアルコール、ポリソルベート60、カニナバラ果実エキス、セイヨウサンザシ果実エキス、セイヨウノコギリソウエキス、タチジャコウソウ花/葉エキス、ローズマリー葉エキス、プラセンタエキス、アスパラギン酸、アルギニン、グリシン、アスパラギン酸メチルシラノールヒドロキシプロリン、セラミド2、アスコルビルグルコシド、グルコシルヘスペリジン、トコフェロール、ユビキノン、葉酸、加水分解コラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na、アラントイン、グリチルリチン酸2K、加水分解水添デンプン、グリコシルトレハロース、コメヌカ油、ペンチレングリコール、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ステアリン酸ソルビタン、フェノキシエタノール、グレープフルーツ果皮油、エタノール、フィトステロールズ

BELTA(ベルタ)マザークリームは、妊娠中から産後まで使える肌に優しいオーガニック素材の妊娠線予防クリームです。

無添加にこだわり、美容成分もたっぷりと使って保湿力の高さが特徴です。

>> こだわりの成分について詳しく見る
BELTA(ベルタ)マザークリームのおすすめポイント
  • 濃厚なこってりクリームで保湿力が高い
  • オーガニック素材、美容成分配合で肌に優しい
  • 親子で使用する事ができる

プレママフラワー編集部のおすすめポイントは、濃厚なこってりクリームで保湿力が高いことです。

妊娠線の予防には乾燥しない肌を作ることが重要なため、保湿力が高いクリームを選んでいきたいですよね。

こってりした少し重めのクリームですが、しっかりと保湿できますよ。

BELTA(ベルタ)マザークリームの比較ポイント

タイプクリーム
形状チューブ
香り無香料
無添加12種類

BELTA(ベルタ)マザークリームは、無香料のクリームタイプの妊娠線予防クリームです。つわり中で香りがあるものが苦手な方でも使いやすいでしょう。

無香料でクリームタイプのテクスチャーが好きな方向けですね!

初回68%割引の1,980円で購入できる!

妊娠線予防クリームおすすめ②:NOCOR(ノコア)

公式サイト
商品名ノコアアフターボディトリートメントクリーム
内容量150g
金額7,109円初回限定2,980円
2回目以降:4,750円
原材料水、BG、スクワラン、グリセリン、シクロペンタシロキサン、トリエチルヘキサノイン、イソステアリルアルコール、ペンチレングリコール、ポリアクリル酸Na、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、水添レシチン、イソステアリルアスコルビルリン酸2Na、アルギニン、フェノキシエタノール、キサンタンガム、ビターオレンジ花油、ホホバ種子油、バオバブ種子油、オリーブ果実油、ツボクサエキス、ヒアルロン酸Na、ヒドロキシプロリン、リシンHC1、オウレン根エキス、アルガニアスピノサ核油、アサイヤシ果実油、ベントナイト、グレープフルーツ果皮油、ティーツリー葉油、トコフェロール、PVP、葉酸、シアバターノキエキス、α-グルカン、クロレラエキス、加水分解エラスチン、カニナバラ果実エキス、グルコシルセラミド、チャ葉エキス、水溶性プロテオグリカン、乳酸桿菌/豆乳発酵液、レモン果実エキス、アボカドエキス、ポリ(トリペプチド-6)、ポリグルタミン酸、アルテロモナス発酵エキス、ビルベリー葉エキス、アセチルデカペプチド-3、オリゴペプチド-24、フラーレン、ヒトオリゴペプチド-13

NOCOR(ノコア)アフターボディトリートメントクリームは、出来てしまった妊娠線や肉割れ線・黒ずみなど肌悩みのアフターケアに特化したボディケアクリームです。

肌トラブルが起こりがちな妊娠期〜産後の肌のことを考えて、保湿成分をたっぷりと使用しています。

>> こだわりの成分について詳しく見る
NOCOR(ノコア)のおすすめポイント
  • 出来てしまった妊娠線のケアに特化している
  • 柔らかくみずみずしいクリームで使いやすい
  • 30日間全額返金保証付き

プレママフラワー編集部のおすすめポイントは、出来てしまった妊娠線のケアに特化していることです。

妊娠線は一度出来てしまうと消えることはありませんができるだけ薄くしたいですよね。

口コミ評価も高く、妊娠線で悩んでいる方におすすめです。

また30日間返金全額返金保証も付いているため、身体に合わないことやにおいが心配な方も取り入れやすいでしょう。

NOCOR(ノコア)の比較ポイント

タイプクリーム
形状チューブ
香りネロリの香り
無添加10種類

NOCOR(ノコア)のアフターボディトリートメントクリームは、クリームタイプでみずみずしいテクスチャーが特徴です。

ネロリの香りは、柑橘系のさっぱりとした香りなので使いやすいでしょう。

柑橘系の香りが好きな方におすすめです!

初回58%割引の2,980円で購入できる!

妊娠線予防クリームおすすめ③:プレマーム

公式サイト
商品名プレマーム
内容量120g
金額6,500円初回限定1,800円
2回目以降:4,980円
原材料水,グリセリン,BG,スクワラン,ペンチレングリコール,ホホバ種子油,(ダイマージリノール酸/ステアリン酸/ヒドロキシステアリン酸)ポリグリセリル-10,カルボマー,ジメチコン,ステアリン酸ポリグリセリル-10,ミツロウ,ポリソルベート60,水酸化K,水添レシチン,キサンタンガム,トコフェロール,オリーブ果実油,アーモンド油,ブドウ種子油,ヒアルロン酸Na,セチルヒドロキシエチルセルロース,アルカリゲネス産生多糖体,ルチン,アスパラギン酸メチルシラノールヒドロキシプロリン,アセチルヒアルロン酸Na,アラントイン,グリチルリチン酸2K,ユビキノン,加水分解ヒアルロン酸,加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12ー13)グリセリル,3-O-エチルアスコルビン酸,アロエベラ液汁-1,乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液,パルミチン酸レチノール,プラセンタエキス,コーン油,加水分解コラーゲン,パルミトイルテトラペプチド-7,パルミトイルトリペプチド-1,PVP,プルーン分解物,ヘスペリジンメチルカルコン,加水分解コメヌカエキス,ステアレス-20,ヒアルロン酸クロスポリマーNa,チャ葉エキス,1,2-ヘキサンジオール,バチルス/(ダイズ/葉酸)発酵エキス,ライマメ種子エキス,加水分解エラスチン,カミツレ花エキス,アルゲエキス,アルテア根エキス,トウキンセンカ花エキス,ゴレンシ葉エキス,ヒメフウロエキス,水溶性コラーゲン,クエン酸,キュウリ果実エキス,ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル),ジペプチド-2,スフィンゴモナスエキス,アーチチョーク葉エキス,ジラウロイルグルタミン酸リシンNa,セラミド3,オリゴペプチド-24,フラーレン,オレンジ油,ビターオレンジ花油,フェノキシエタノール

プレマームは、美容成分を97.8%配合したなめらか浸透ボディクリームです。肉われや妊娠線のケア・保湿ケアとして全身に使用することができます。

肌触りをなめらかにするための保湿ケアに特化した成分がたっぷりと含まれています。

>> こだわりの成分について詳しく見る
  • 肌触りをよくする成分:レジストリル・シラノール誘導体・フラーレン・ホホバ種子油葉酸
  • くすみ対策成分:プラセンタエキス・ビタミンC誘導体・加水分解コメヌカエキス・プルーン分解物
  • ハリ不足対策成分:コエンザイムQ10・オリゴペプチド・発酵セイヨウナシ果汁・パルミチン酸レチノール
  • 乾燥対策成分:ヒアルロン酸・セラミド・コラーゲン・スクワラン
プレマームのおすすめポイント
  • 美容成分をたっぷり配合していて保湿力が高い
  • スッとのびる塗り心地が良い

プレママフラワー編集部のおすすめポイントは、美容成分をたっぷり配合していて保湿力が高いことです。

妊娠線予防クリームとして使用する場合は、塗り心地が良いことも大きなポイントですよね。

妊娠線以外にも保湿やくすみ対策目的でも使えますよ!

プレマームの比較ポイント

タイプクリーム
形状チューブ
香りオレンジの香り
無添加7種類

プレマームの妊娠線予防クリームは、チューブ・クリームタイプで伸びがいいのも特徴です。

オレンジの香りでさっぱりとしているので、柑橘系の香りが好きな方におすすめです!

初回約72%割引の1,800円で購入できる!

妊娠線予防クリームおすすめ④:ALOBABY(アロベビー)

公式サイト
商品名アロベビーフォーマム妊娠線クリーム
内容量200ml・400ml
金額お試しサイズ:2,970円
お得用サイズ:5,720円
4,480円
原材料水、グリセリン、オレンジ果実水、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ペンチレングリコール、シア脂、オリーブ果実油、キサンタンガム、ホホバ種子油、ベヘニルアルコール、オレンジ油、ビターオレンジ花油、ヒマワリ種子油、ラベンダー油、バオバブ種子油、BG、ツボクサエキス、カニナバラ果実エキス、オウゴン根エキス、イタドリ根エキス、ラベンダー花エキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、タチジャコウソウ花/葉エキス、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、ローズマリー葉油、スイゼンジノリ多糖体、キシリチルグルコシド、無水キシリトール、キシリトール、ラベンダー花水、デヒドロ酢酸、ベンジルアルコール、アラキジルアルコール、アラキルグルコシド、オリーブ油脂肪酸セテアリル、オリーブ油脂肪酸ソルビタン、コンフリー葉エキス、カプリル酸グリセリル、トコフェロール

ALOBABY(アロベビー)フォーマム妊娠線クリームは、雑誌やSNSでも話題の肌へのうるおいとやさしさに特化した妊娠線予防クリームです。

妊娠初期〜産後まで継続して保湿ケアができるように、大容量タイプもあります。

何回も購入しなくて良いので忙しいママにもおすすめ!

ALOBABY(アロベビー)では、3種類のセットを販売しています。

通常サイズ(200ml):2,970円
お得用サイズ(400ml):5,720円4,480円
お得な2本セット(400ml×2本):11,440円7,980円

>> こだわりの成分について詳しく見る
ALOBABY(アロベビー)のおすすめポイント
  • 伸びが良く、さらっとしてるけどしっとりした肌になる
  • 大容量タイプも販売している
  • 15日間全額返金保証

プレママフラワー編集部のおすすめポイントは、伸びが良く、さらっとしてるけどしっとりした肌になることです。

妊娠線予防クリームは使用範囲も広いため、大容量タイプを販売していることも大きなポイント。

また15日間全額返金保証もあるため、万が一身体にクリームが合わない・においが苦手だったという不安も解消できますよ。

初めての方でも手に取りやすいサービスが魅力ですね。

ALOBABY(アロベビー)の比較ポイント

タイプクリーム
形状ポンプ
香り超微香(ネロリの香り)
無添加12種類

ALOBABY(アロベビー)は、ポンプタイプの仕様のため手が汚れる心配がありません。

また超微香でネロリの香りのため、さっぱりとした香りが楽しめますよ。

大容量タイプも選べてコスパが良い

妊娠線予防クリームおすすめ⑤:mitera(ミテラ)

公式サイト
商品名ミテラオーガニクスボティケアクリーム
内容量150g
金額初回価格:6,578円
3,278円
2回目以降:5,478円
原材料水、グリセリン、シア脂、BG、ペンチレングリコール、スクワラン、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)、コポリマー、ベヘニルアルコール、ホウケイ酸(Ca/Na)、酸化銀、ポリソルベート60、オクチルドデカノール、エチウムプランタギネウム種子油、ヒマワリ種子油不けん化物、フウセンカズラ花/葉/つるエキス、トコフェロール、クエン酸Na、クエン酸、アルガニアスピノサ核油、ツボクサエキス、オリーブ果実油、ホホバ種子油、ヒアルロン酸Na、タウリン、リシンHCl、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、フェニルアラニン、アルギニン、プロリン、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、セチルヒドロキシエチルセルロース、ルチン、パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルトリペプチド-1、ライマメ種子エキス、ローマカミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、フユボダイジュ花エキス、カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル、α-グルカン、グルコシルセラミド、アスコルビルグルコシド

mitera(ミテラ)オーガニクスボティケアクリームは、CICA×ビタミンC誘導体をたっぷり配合した妊娠線予防クリームです。

パッケージも可愛く、SNSや雑誌でも注目されています。

>> こだわりの成分について詳しく見る
  • くすみや肌荒れ対策成分:ツボクサエキス・カミツレエキス・ビタミンC誘導体・フウセンカズラエキス・トウキンセンカエキス・セイヨウオトギリソウエキス・シャゼンムラサキエキス
  • 潤いと柔らかさキープ成分:オリーブオイル・ホホバ種子オイル・アルガンオイル・シアバター・コメ由来セラミド・ライマメ種子エキス・ルチン・リンゴ幹細胞エキス・14種類のアミノ酸

定期便で初回50%割引価格の3,278円で購入できます。定期便は購入回数の縛りはなく、いつでもマイページから解約も可能です。

いつでも解約できるので、初めての方も取り組みやすいですね。

mitera(ミテラ)の比較ポイント

タイプオイル
形状ポンプ
香り無香料
微香料(ベルガモット精油)
無添加8種類

mitera(ミテラ)オーガニクスボティケアクリームは、オイルタイプでゆっくりと肌に浸透させていきます。

香りは、無香料と微香料(柑橘系のベルガモット精油を使用した、やわらかな香り)の2種類があるため、体調や気分によって変更することができますよ。

いつでも解約OKで定期便も選びやすい!

妊娠線予防クリームおすすめ⑥:WELEDA(ヴェレダ)マザーズボディバター

公式サイト
商品名マザーズボディバター
内容量150ml
金額通常価格:4,180円
初回定期価格:3,553円
原材料水、シア脂*、グリセリン、カカオ脂*、ホホバ種子油*、ヒマワリ種子油*、ベヘニルアルコール、セテアリルアルコール、コムギ胚芽油、ペンチレングリコール、セテアリル硫酸Na、アルニカ花エキス*、ツボクサ花/葉/茎エキス、クロクスクリサンツス根エキス、ベタイン、アラビアゴム、クエン酸、カプリル酸グリセリル、(カプロイル/ラウロイル)ラクチレートNa、香料**
*オーガニック成分 **天然由来成分

WELEDA(ヴェレダ)マザーズボディバターは、100%天然由来成分で妊娠期から産後まで使用できる保湿クリームです。

世界50ヵ国以上で親しまれているヴェレダのママケア商品で、日本でも注目されています。

>> こだわりの成分について詳しく見る

妊娠期のデリケートな肌を考えた植物成分

  • ツボクサエキス(整肌成分):ハリを与え、肌荒れを防ぐ
  • クロッカスエキス(整肌成分):肌にハリを与える
  • アルニカエキス(整肌成分):健やかに保ち、肌荒れを防ぐ
  • ヒマワリオイル(保湿成分):軽くのびが良く、肌をなめらかにする
  • シアバター(保湿成分):体温でとろけて素早くなじみ、肌を柔らかくする
  • ホホバオイル(保湿成分):肌バリアを補う
  • ウィートジャームオイル(保湿成分):肌のしなやかさを保つ
  • カカオバター(保湿成分):体温でとろけて素早くなじみ、肌を柔らかくする

WELEDA(ヴェレダ)マザーズボディバターは、すぐに服を着たい朝や素早くケアをしたいときにぴったりです。

伸びの良いクリームでみずみずしい塗り心地ですよ!

WELEDA(ヴェレダ)マザーズボディバターの比較ポイント

タイプバター
形状
香りやわらかなフローラルの香り
無添加6種類

WELEDA(ヴェレダ)マザーズボディバターは、瓶に入ったタイプなのでスパチュラなどがあると使いやすいでしょう。

ローズ、ネロリ、ミルラを配合した柔らかなフローラルの香りが心に寄り添います。

オイルとクリームの併用がおすすめ!

妊娠線予防クリームおすすめ⑦:WELEDA(ヴェレダ)マザーズボディオイル

公式サイト
商品名マザーズボディオイル
内容量100ml
金額通常価格:4,180円
初回定期価格:3,553円
原材料アーモンド油、ホホバ種子油*、コムギ胚芽油、香料**、アルニカ花エキス*
*オーガニック成分 **天然精油由来

WELEDA(ヴェレダ)マザーズボディオイルは、100%天然由来成分を配合した高保湿植物オイルです。

妊娠中から産後まで長く使用でき、WELEDA(ヴェレダ)マザーズボディバターと合わせて使うこともできます。

>> こだわりの成分について詳しく見る

妊娠期のデリケートな肌を考えた植物成分

  • アーモンドオイル(保湿成分):軽くのびが良く、肌をなめらかにする
  • アルニカエキス(整肌成分):健やかに保ち、肌荒れを防ぐ
  • ホホバオイル(保湿成分):肌バリアを補う
  • ウィートジャームオイル(保湿成分):肌のしなやかさを保つ

オイルマッサージをしながらゆっくりと浸透させると良いでしょう。

お腹の中の赤ちゃんとの触れ合いタイムにもぴったりですね!

WELEDA(ヴェレダ)マザーズボディオイルの比較ポイント

タイプオイル
形状ポンプ
香りやわらかなフローラルの香り
無添加7種類

オイルとクリームの併用がおすすめ!

妊娠線予防クリームおすすめ⑧:mamacharm(ママチャーム)

公式サイト
商品名ママクリーム
内容量300g
金額通常価格:2,980円
定期価格:2,680円
原材料 水、グリセリン、BG、ナタネ油、コメヌカ油、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、PEG-60水添ヒマシ油、シア脂、オリーブ果実油、カニナバラ果実油、ホホバ種子油、スクワラン、マカデミア種子油、セタノール、セイヨウオオバコ種子エキス、アロエベラ葉エキス、ダイズ種子エキス、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、セラミドAP、セラミドNP、PCA-Na、乳酸Na、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、アラントイン、ツボクサエキス、クダモノトケイソウ種子油、水溶性プロテオグリカン、3-グリセリルアスコルビン酸、ティーツリー葉油、グレープフルーツ果皮油、レモン果皮油、マンダリンオレンジ果皮油、ベルガモット果実油、ステアリン酸グリセリル(SE)、カプリル酸グリセリル、キサンタンガム、カルボマー、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、クエン酸、クエン酸Na、水酸化Na、EDTA-2Na

mamacharm(ママチャーム)のママクリームは、ママと赤ちゃんのための「肌想い」なボディクリームです。

17種類の美容成分を配合しており、乾燥しやすい肌に潤いを与えてくれます。

>> こだわりの成分について詳しく見る
  • うるおい保湿成分:2種のセラミド・2種のコラーゲン・2種のヒアルロン酸
  • ボタニカル成分:柑橘の香りは11種類、無香料・せっけんの香りは15種類

ママクリームは、120gと300gの容量で、大容量タイプはたっぷりと使うことができます。

妊娠線予防クリームとして使用する場合は、使用範囲も広いため大容量タイプがおすすめですね。

mamacharm(ママチャーム)の比較ポイント

タイプクリーム
形状ポンプ
香り無香料
超微香(柑橘の香り)
微香(せっけんの香り)
無添加8種類

mamacharm(ママチャーム)のママクリームは、使いやすいポンプタイプとなっています。

香りは全部で3種類あるため、体調やつわりの程度を考慮して選ぶと良いでしょう。

妊娠線とは?妊娠線ができる理由や時期・部位は?

妊娠後、だんだんとお腹が大きくなってくると子どもの成長を感じますよね。妊娠中は身体の変化も多く、はじめての経験で伴うプレママも多いでしょう。

身体の変化に伴う悩みの一つの妊娠線について説明していきます。

妊娠線ってなに?

はじめての妊娠の方は、身体の変化に気持ちがついていかなかったり、変化に伴う悩みも出てきますよね。

身体の変化に伴う悩みの中でも多く聞かれる悩みは、「妊娠線」です。

妊娠に伴いおなか、太もも、お尻、乳房に出てくる赤色〜紫色の線が妊娠線です。体型の急激な変化によって皮膚が引っ張られ、表皮の下の真皮が裂けて妊娠線が出てきてしまいます。

妊娠線ができる理由

妊娠線はすべての妊婦さんにできるわけではりませんが、約50~80%の割合で起こると言われています。

妊娠線ができる理由
  • 大きくなるお腹に皮膚が順応できない
  • ホルモンの影響で皮膚が割れやすくなっている

妊娠によって体内に増加する副腎皮質ホルモンも妊娠線ができる原因のひとつです。

副腎皮質ホルモンの影響により、妊娠中のママの肌は平常時より肉割れを起こしやすい状態になってしまいます。

妊娠線はいつからできる?

妊娠線は、身体の変化が大きい妊娠中期以降に起こりやすいです。

個人差がありますが、妊娠6ヶ月〜8ヶ月くらいから起こるケースが多いため、妊娠線予防のケアを始めると良いでしょう。

妊娠線ができやすい部位

妊娠線ができる場所は、イメージがつきやすいのはおなかですよね。

赤ちゃんの成長とともに大きくなるお腹はもちろんですが、おなか以外の場所でもできやすい部位があるため押さえておきましょう。

妊娠線ができやすい部位

二の腕・わきの下・バスト・おなか・背中・おしり・太もも・膝裏

妊娠に伴って大きくなるバストや脂肪が厚くなる太ももやおしりも要注意ポイントです。

お腹だけでなく、全体的なケアが必要ですね!

初回68%割引の1,980円で購入できる!

妊娠線ができやすい人の特徴は?

妊娠線ができやすい人の特徴は、全部で5つあります。

妊娠線ができやすい人の特徴
  • 乾燥肌の人
  • 多胎妊娠の人
  • 出産を経験している経産婦
  • 高齢出産の人
  • 小柄・痩せ型の人

妊娠線ができやすい特徴に当てはまる人は、妊娠線予防をしっかりと行なっていきましょう。

特に乾燥肌の人は注意が必要ですね!

妊娠線を予防する方法3選

妊娠線を予防するには、いくつかの方法を取り入れていくと良いでしょう。

妊娠線を予防する方法
  • 妊娠線を予防する方法①:妊娠線予防クリームで保湿
  • 妊娠線を予防する方法②:急激な体重増加を防ぐ
  • 妊娠線を予防する方法③:早めにケアを開始する

妊娠線を予防する方法①:妊娠線予防クリームで保湿

乾燥によって妊娠線ができやすくなってしまうため、妊娠線予防クリームやオイルでしっかりと保湿することが大切です。

乾燥が気になる冬場はもちろんですが、夏場も保湿をしっかりと頑張りましょう。

お風呂上がりに加えて1〜2回塗るように意識すると良いですね。

妊娠線を予防する方法②:急激な体重増加を防ぐ

妊娠中の急激な体重増加によって皮膚の真皮が伸び、断裂しやすくなってしまうため、体重の急激な増加がないように注意しましょう。

つわりが落ち着く頃や出産予定日前は、食欲が高まり体重が増える傾向にあります。発育に必要な体重増加は必要ですが、食べすぎないように注意したいですね。

日本産科婦人科学会による妊娠中の適切な体重増加などを目標にして、適正体重の管理を行うと良いでしょう。

妊娠前の体格BMI体重増加の目安
低体重<18.512〜15kg
普通体重18.5 ≦ 〜 < 2510〜13kg
肥満(1度)25 ≦ 〜 < 307〜10kg
肥満(2度以上)30 ≦個別対応
(上限5kgまでが目安)
>> BMIの調べ方

妊娠中の適切な体重増加量を確認するためには、妊娠前体型を把握することが必要です。

BMI=体重(kg)÷ 身長(m)÷ 身長(m)

妊娠線を予防する方法③:早めにケアを開始する

妊娠線を予防するための保湿ケアや体重管理は、お腹が大きくなってくる時期より早めに始めると良いでしょう。

妊娠4〜5ヶ月目を目安に早めに保湿ケアや体重管理を意識することが妊娠線の予防になります。

妊娠線は一度できると消えないので妊娠初期から頑張りましょう!

初回68%割引の1,980円で購入できる!

最強の妊娠線予防クリーム選ぶ3つのおすすめポイント

妊娠線予防クリームを調べていると「妊娠線予防クリームの選び方がわからない」「最強の妊娠線予防クリームってどれ?」と悩んでしまいますよね。

プレママフラワー編集部の考える最強の妊娠線予防クリームを選ぶおすすめポイントは、全部で3つです。

最強の妊娠線予防クリームを選ぶポイント
  • 娠線予防クリームを選ぶポイント①:伸びが良く塗りやすい
  • 娠線予防クリームを選ぶポイント②:肌に優しい素材
  • 娠線予防クリームを選ぶポイント③:無理なく継続できる価格帯

娠線予防クリームを選ぶポイント①:伸びが良く塗りやすい

娠線予防クリームを選ぶ上で確認したい1つ目のポイントは、伸びが良く塗りやすいことです。

娠線予防クリームは、毎日使うものであるため伸びが良く塗りやすいタイプのものが良いでしょう。

テクスチャーの違いにも注目!

  • クリームタイプ:保湿力が高め。コッテリした感触のものからさっぱりタイプまで幅広い。
  • オイルタイプ:保湿力が高く少量でも伸びが良い。時間をかけてオイルが浸透。
  • ローションタイプ:付け心地が軽くさらっとしている。夏場でも使いやすい。

保湿力が高く、使い心地が良いものを選んでいくと良いですね。

継続して使用するからこそ、自分に合ったテクスチャーのものを選びましょう!

娠線予防クリームを選ぶポイント②:肌に優しい素材

娠線予防クリームを選ぶ上で確認したい2つ目のポイントは、肌に優しい素材であることです。

妊娠中は肌も敏感になりやすいため、負担が少ないものを選ぶと良いでしょう。

チェックしたいポイント!

  • 無香料、無着色、無添加、パラベンフリー、アルコールフリー、鉱物油フリーの娠線予防クリーム
  • 低刺激の娠線予防クリーム
  • 保湿成分が高い娠線予防クリーム

ボディクリームでも保湿対応はできますが、肌へのやさしさにこだわった妊婦さん向けの娠線予防クリームの方がより使いやすいでしょう。

ボディクリームは匂いが強いものもあるため、つわり中は特に注意が必要ですね!

娠線予防クリームを選ぶポイント③:無理なく継続できる価格帯

娠線予防クリームを選ぶ上で確認したい3つ目のポイントは、無理なく継続できる価格帯のものを選ぶこと。

娠線予防クリームを妊娠4〜5ヶ月目から産後まで使い続けるとなると約8ヶ月〜1年ほど継続することになります。

保湿ケアを行う面積も広く使用することになるため、無理なく継続できる価格帯のものを選びましょう。

初回68%割引の1,980円で購入できる!

妊娠線予防クリームを使用する時の注意点

妊娠線予防クリームを使用する時の注意点を紹介します。

妊娠線予防クリームを使用するときは匂いが強すぎるものは避け、体調の変化に注意しましょう。

匂いが強すぎるものに注意しよう

妊娠中、つわり中はニオイに敏感になるため、娠線予防クリームの匂いが強すぎるものは注意が必要です。

普段は好きな香りでも、妊娠中は苦手になってしまったり敏感になる可能性があります。

娠線予防クリームの口コミをチェックして、ニオイが強すぎないか確認してから購入すると良いでしょう。

身体の変化に注意しよう

妊娠線予防クリーム自体は身体に害があるものはありませんが、妊娠中で身体や肌がデリケートになっていて体調を崩す可能性はあります。

そのため体調や身体の変化に気をつけ、不安なことがあればすぐに医療機関に相談しましょう。

初回68%割引の1,980円で購入できる!

妊娠線予防クリームのよくある質問

妊娠線予防クリームはなんでもいいの?

妊娠線予防クリームは、ボディクリームなどでも代用できますが注意が必要です。妊娠中の身体は敏感になっていたり、普段は大丈夫な香りが苦手になったりするケースも見られます。

そのため、妊婦用の妊娠線予防クリームを使用する方が安心でしょう。

妊娠線予防クリームはいつから塗ればいいの?

妊娠線予防クリームは、妊娠初期からの使用がおすすめです。

一般的には、妊娠5ヶ月前後から使い始める方が多いです。

妊娠線予防は毎日続ければいいですか?

妊娠線予防クリームは、毎日使用して保湿ケアを行うことが望ましいでしょう。

無理のない範囲でしっかりと保湿ケアを行い、乾燥を防ぎましょう。

妊娠クリームは1日に何回塗りますか?

1日2回、朝晩で保湿ケアを行うと良いでしょう。

一度できた妊娠線は消えますか?

妊娠線は、一度出来てしまうと消えることはありません。

プレママフラワー編集部(医療法人葵鐘会フラワーベルクリニック)

クリニック医療法人葵鐘会フラワーベルクリニック
編集部医療法人葵鐘会事業開発部プレママフラワー編集部
所属学会日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
院長
布留川 浩之
経歴平成2年 滋賀医科大学 卒業
滋賀医科大学附属病院
国立大阪病院
日野記念病院 副院長
南草津野村病院 副院長
小阪産病院 副院長
所在地〒599-8125 大阪府堺市東区西野461-1
交通手段南海高野線「北野田」駅 西出口より徒歩3分
アクセス
公式サイトhttps://flowerbell.jp/

診療時間

時間
09:00~12:30
17:00~20:00

※受付原則診療終了の30分前まで

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次