LOADING...

不妊治療

当院では、不妊でお悩みのご夫婦のお力になりたいと不妊治療を行っています。医学の進歩にともない、たくさんの治療方法があります。医師を含めた各医療スタッフが皆様のお身体に合った治療法を受けていただける様に努力しております。

なかなか足を運べないご主人もご安心ください。治療の段階でご協力が必要なときもありますが、来院していただく必要はありません。治療は長期にわたる場合もありますが、一日も早く喜びの日が迎えられることを願って医師・スタッフ一同サポートいたします。

お知らせ

不妊治療専門のスタッフによるIVF(体外受精)、顕微授精を再開いたしました。

タイミング指導

不妊治療の最初のステップで行われる最も基本的な方法で、超音波検査による卵胞の大きさや、ホルモン検査等で排卵の兆候を予測し、排卵日に夫婦間で性交のタイミングを合わせる方法です。
それぞれの患者様の状態により、薬を何も使わない場合や、排卵誘発剤、その他の内服薬、注射剤を併用する場合もあります。
血中ホルモン値や超音波による卵胞チェック、尿中LH、頚管粘液の性状等より判断されます。

ホルモン療法

不妊の原因によっては各種薬物(内服薬・注射etc)を併用しながら、性交のタイミングを合わせます。
また、軽度の子宮内膜症や子宮筋腫の場合には、卵胞ホルモンの分泌を抑制する薬を4~6ヶ月投与して、この間に月経を止め病巣を小さくする「偽閉経療法」を行うこともあります。

  1. ホルモンとは
  2. ホルモンは男性と女性の体の違いを作り、体の成長を助けたり新陳代謝を促したりします。また、妊娠・出産・授乳という機能や更年期の変調など、女性としての変化に大きな役割をになっています。

受診の際のお願い

基礎体温を2~3ヶ月、グラフにしてお持ちいただくことをお勧めします。
基礎体温は月経や排卵日の目安になります。
また黄体機能不全や無排卵の診断にも役立ち、必要な治療も早く見つかることがあります。

料金

タイミング療法・人工授精などの「一般不妊治療」、体外受精・顕微授精など技術が必要とされる「特定不妊治療」ともに、助成金制度があります。 助成金制度を利用すれば経済的負担も少なくなります。
フラワーベルクリニックは、堺市の特定不妊治療費助成事業指定医療機関です。
※当院の治療は保険適用外(自費診療)となります。
※料金はすべて税込みとなります。

主な自費治療料金
体外受精~胚移植まで 基本料金225,500円(卵子個数により加算あり、上限495,000円) ※注1
顕微授精~胚移植まで 基本料金258,500円(卵子個数により加算あり、上限495,000円) ※注1
胚盤胞培養 44,000円
胚凍結(保管料1年分含む) 基本料金55,000円(上限143,000円)
精子・卵子・胚凍結(保管料1年分含む) 33,000円
融解胚移植(融解料含む) 93,500円
レーザー孵化補助術 22,000円
麻酔費用 22,000円

2016年11月以降に採卵された方は妊娠・卒業時(9~10週)に生殖医療技術成果料として55,000円のお支払いがあります。 なお妊娠9週未満の自己都合卒業の場合も成果料をお支払いいただきます。
超音波、採血検査、排卵誘発剤などの投薬注射に関しては別途料金がかかります。
※注1) 卵子数が多数の場合は胚移植は行われず、全胚凍結となります。その場合の上限価格は、体外受精、顕微授精ともに495,000円となります。治療費用は個々により異なりますが、平均的な治療費は300,000~400,000円程度です。